new Woodynote

    Woods@管理人のブログです。

4

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


カテゴリーリスト

2017年02月01日(水)

今回の配合 [寒蘭と土]

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

今回は配合を少し代えてみた。
硬質鹿沼を2袋から4袋に増やしゼオライトも20Kgに戻した。

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

ダケ土は西土佐の竹内山からもらってきたもの。
土嚢袋に6袋。

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

これを細かく砕き、その後篩を通して選別。

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

ざっとエクスパンドメタル(二枚重ね)に通し、その後大中小に分けている。

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

これを大中小に分ける。
(微塵を除去すれば分ける必要は無いが、量を把握するため区分している。)

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

作業台の上にそれぞれの土をサンドイッチ状に重ね、混ぜている。

配合を代えたのは

全体的に鉢が小さくなってきたことに起因し夏場の高温対策に理由がある。保水力を少しでもアップしたく全体を小粒化することで液相を増やした。ゼオライトは入れすぎかと前回半量としたが、小粒化と保肥力アップのため元に戻した。

Posted by woods at 2017年02月01日(水) 08時34分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2016年09月25日(日)

三相構造 [寒蘭と土]

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

土壌の三相構造において「理想割合=固相40%、液相30%、気相30%」はよく聞くところだが、
実際に自分の土がどんな割合かを知っている者はほとんどいないと思う。
調べるには実容量測定器とか高温乾燥機とか専用の機械が必要だからだ。
そこでなんとか簡易な方法がないかと思っていところ、ホームセンターでこんなのを見つけた。米とぎシェーカーだ。

使い方はこんな感じだ。
ユーチューブに動画があった。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

今回調べたのは市販の「ラン土」
画像の左下=中粒、右下=小粒、上は中と小を混ぜたものだ。

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

もちろん自分の配合もだ。
画像の左が私が使っている配合。右がラン土の中と小を混ぜたもの(上の画像の上のもの)。


画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

実際には水分0の土壌がどれだけ水を吸っているかを測るのだが、高温乾燥機が無いので風乾土で測定した。とにかく1ヶ月以上陰干しし水分を抜く。それでも重量で普通の土は5%程度は水分を含んでいる。赤玉土などは10%くらいはあるかもしれない。厳密で無いが吸水量を3%補正した。

米とぎシェーカーの容量は約950ml。これにすり切れに土を入れる。


画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

蓋をし逆さにし水を入れる。
950mlの容器に土を入れて水を入れるとこの場合610ml入った。一晩かけてしみ込ます。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

水を含んだ土を逆さにして、自然落水させる。本当は24時間は必要だが12時間かけて水を切る。
落水した水が左のカップだ。360mlあった。

610ml入れて自然落下した水(重力水)が360mlだ。風乾土に差し引き250ml残ったことになる。容器が950mlなので水が入った分を除くと340ml。340mlが固相、360mlが気相、250mlが液相相当分となる。ただし水分が5%程度含む風乾土のため吸水量を補正する(とりあえず吸水量3%増とした)。

これで出したそれぞれの土の三相分布が下表だ。

画像(360x217)・拡大画像(796x480)

Posted by woods at 2016年09月25日(日) 21時48分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2016年09月17日(土)

植え付け方法 [寒蘭と土]

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

自分の植え方は何度も紹介してきたと思っていたが、細かくは説明していなかったかもしれない。

前もって準備した配合土は植え付け時に篩で微塵を除去している。
現在使用したているのは5ミリ目の篩だ。これで篩うと微塵というより小粒がかなり出来る。

ずっと以前は2ミリで篩っていた。現在は小粒を化粧土に使いたくて5ミリ目としている。小粒は更に2ミリ目で篩い微塵を除去している。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

配合土を適量篩に入れて軽く2,3回篩う。

このつちを手でつかんで鉢に入れている。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

篩うときに大きな粒が上に来るので。きもち下の方は大きな粒が入っている。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

右手でつかんで入れているのであまり均一には入っていないかもしれない。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

大半は同じような大きさで植えている。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

5ミリ目で篩われた微塵混じりの小粒。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

これを2ミリ目で篩う。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

残った物を化粧土として使用。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

最終的に捨てる微塵はこれだけだ。
用土は湿っているので大きな粒に粉状の微塵は付着してしまい多くは篩われない。

Posted by woods at 2016年09月17日(土) 18時06分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年09月14日(水)

竹内山のダケ2 [寒蘭と土]

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

右の画像は竹内山のダケだが、粘土が多い部分。


竹内は粘土質の多いダケだけを使っていた。

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

自分は少ない部分も混合したので出来た土は茶色い。

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

篩にかけて大中小に分けた。

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

このダケを使って配合土を作った。

配合割合は前回とほぼ同じだ。前回から20Kg入れていたゼオライトを半分の10kgとしている。

Posted by woods at 2016年09月14日(水) 21時25分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年09月13日(火)

竹内山のダケ [寒蘭と土]

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

今日は配合用のダケ土作りをした。

自家製ダケのストックが無くなったのでどうしようかと思っていたが、竹内が使っていたダケを思い出して先日西土佐まで採りに行っていた。

ここまで西土佐から運ぶのは大変だが、裏山を削って採るよりも採るのは楽だ。ただ、運ぶ時間とコストを考えるとどうかなだ。

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

竹内のダケは椎山の法面が崩れた土砂だ。そのまま土嚢袋に詰めて取ってくれば良いが、山から軽トラまで運ぶのが大変だ。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

これを木槌で粉砕するのは裏のダケと同じだ。

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

ここまで細かくするともはや寒蘭自生地の土だ。
寒蘭はこんな土の上に生えている。

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

これを篩う。
エクスパンダメタル2枚重ね(1枚では粒が大きすぎる)の編み目で篩っている。

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

これをこの後、大中小の3つに区分けする。

Posted by woods at 2016年09月13日(火) 17時51分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

2016年08月24日(水)

今回の配合 [寒蘭と土]

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

今日は久しぶりに土作りをしたが、少し配合を代えてみた。

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

しばらくゼオライトを一袋(20kg)入れていたが、半分の10kgとした。
減した分、自家ダケの中粒及び少量を増やした。

右端がゼオライト

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

自家ダケ大中小とゼオライトを混ぜた状態。

自家ダケは粘土分も多いので、ゼオライトで極端にCECを高めても意味ないかと思い出した。逆に肥料の効きの悪さは、これは潅水の多さも影響していると思うが、ゼオライトが多すぎるからではないか?

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

サツマや鹿沼を混ぜた状態(最終)

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

ストックしていた土砂が底を突いた。

Posted by woods at 2016年08月24日(水) 23時31分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年05月09日(月)

再利用 [寒蘭と土]

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

私はここ何年か用土の再利用をしている。

画像は
左篩の中の土は24ヶ月使用した土をケミクロンG1000倍液で消毒したものだ。篩の右側は消毒して再生した土を20ヶ月使用したもの。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

その再利用の用土に植えていた蘭。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

こちらは通常の配合土。24ヶ月使用したもの。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

その用土に植えていた蘭。

再生土の蘭の根がやや茶黒いが葉や根の生育は全く遜色ない。
この蘭だけでなく他も同じように用土の再生土植えは全く問題ない。
ただし再生は1回使用(平均24ヶ月使用)の用土でしか試していない。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

それぞれの土のECとpHを測ってみた。

画像(290x188)・拡大画像(800x519)

結果は
pHはあまり変わらないがEC値が土が古くなるにつれて高くなっている。硝酸態窒素が蓄積されているととることも出来るが、問題となる数値でない。
硝酸態窒素以外にECを高める物が蓄積されているのかもしれない。例えば塩化ナトリウムや塩化カリウム。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

これを見ていただきたい。
電気ポット型蒸留水器だ。
底に白いものがたまっている。
水道水を蒸発して最後に残った物だ。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

寒蘭の土や鉢には水道水を使用する場合、水道水に混ざっているミネラル等不純物が結構残るのかもしれない。

蘭鉢の足周辺が白く汚れることがあるが、それが水道水の不純物かもしれない。
ちなみに電気ポットの底にたまった白い塊はクエン酸に溶かして掃除をしている。鉢もクエン酸できれいになるかもしれない。

Posted by woods at 2016年05月09日(月) 19時20分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年02月21日(日)

指標 [寒蘭と土]

画像(290x232)・拡大画像(1280x1024)

寒蘭と土と言うテーマで書いてきたが、ずいぶんと難しいことを言うのかと思ったことだろう。それならどうしたら良いかというまとめ的な物ができていないが、化学性・物理性・生物性のそれぞれの指標的な物があれば寒蘭づくりがしやすくなるかもしれない。

寒蘭は良しも悪きも蘭菌とは切っても切れない仲にある。蘭菌はホルモンや親バルブから受け継がなくても蘭舎中に胞子がありそれが根に到達することで感染している。もちろん蘭菌が無くても育つ。
私は植え付け時にタチガレエース液剤を潅注しているが、以前は年に3回ほどしていたことがある。もう20年くらい前になるだろうか、すでに故人となったI氏にタチガレエースが「根に良い。」「腐りもなく白くなる。」「ただしやり過ぎたら芋が張りすぎる。」そんなことを聞いたと思うがそれでやり始めた。それまではダコニールを潅注していた。

詳しく聞くとI氏は2ヶ月に1回くらい潅注していた。根がきれいで葉姿も良く出来ていたので「自分ほど上手に作る者はいない。」と自慢をよくしていた。実際病気で枯らした株はほとんど無かったようだ。しかし花展示会でひな壇上段に上がったの見たことがなかった。
氏が亡くなってからのことだが、秋に競りがあり皆に氏の蘭が貰われていった。私も20鉢ほど競り落とした。この時点で氏の寒蘭は半年以上タチガレエース等農薬の潅注はされていなかった。身内の者が水だけやっていたが十分な管理は出来ていなかったようだ。
私の知り合いが4,5人いてこの時の蘭を何年か作っていたがすべての人が根が傷んで作れなかった。中にはずいぶんと枯らしたと言っていた人もある。私が一番欲しかった更紗無点の花があるが5,6芽の大株ですぐにでも展示会に使えると思っていた。これが1年ほどですべての根がきれいに無くなった。出た新芽も小さく未だに入れたときより小さな株だ。不思議だが元気なときに譲って貰った蘭は機嫌良く育っている。

ここで言いたいのは根の消毒はいったん行うと定期的に続けないと寒蘭は作り続けられないと言うことだ。蘭菌は消毒されてもペロトンから再生してくる。また他の病原菌より早く胞子の発芽で感染する。菌糸が伸び外皮や皮層細胞を貫通する。次の消毒までに菌糸が多数伸びるが消毒で菌糸がやられると貫通した穴が残ることになる。自然治癒をすると思うが、これらが繰り返されると外皮や皮層の細胞壁に多数の穴が空いてしまうことになる。病原菌や雑菌もここから簡単に入り込むことができる。そんなことにならないように病原菌や雑菌を消毒しないといけないので定期的な潅注が必要になる。


画像(290x232)・拡大画像(1280x1024)

それとこんな人もいる。タチガレエースではなくジマンダイセンだったと思うが、これもしょっちゅう潅注している。たまにベンレートTもしていると思うが、根が白くて自慢だ。でも「またズボッた、また枯れたた!」と毎年何鉢も腐敗病で枯らしている。
蘭菌にダメージを与えると思わぬ病気にかかることになる。

農薬の潅注で生物性を上手くコントロールするのは難しい。それは蘭菌に思わぬところでしっぺ返しを食らうことになるからだ。
自分は年に3、4回の潅注なら上手くコントロールできると思っていたときもあったが、紹介したように払い越しや黄金葉、拗れた小苗等では従来の手法が通用しないことに気がついた。

これからは蘭菌をいかに活用するかで指標を考えてみたい。

Posted by woods at 2016年02月21日(日) 17時32分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2016年02月18日(木)

生物性7 [寒蘭と土]

生物性の話が長くなったが大事な点が抜かっていた。
生物性はどこから来るかと言うことだ。

植え替えたとき新しい土にも若干の微生物は存在していると思うが、その後形作られる根圏微生物相(種類や数)はほとんどが親バルブ(葉や根を含めて)からだろう。植え付け時に消毒してもどこかには残っていて植え付け後に一気に増えてくる。

そして新芽が出るとそれに受け継がれていく。新芽が親の袴を破って出てくるときに炭そ病などは感染する。蘭菌は根が下りてくる初期の段階では感染していない。ある程度根が伸びたときに親バルブの根から間に土を介して感染しているようだ。糸状菌などは基本的に親バルブが保菌していても体内を通って新芽(新根)に感染することはない。防御機能が働いているからだ。細菌や放線菌も糸状菌と同様だろう。ただしウイルスだけは体内感染し親バルブから新芽に簡単に移行している。

また当然だがこれとは別のルートもある。腐敗病のフザリウム菌のように直近の鉢で発病があると潅水で飛散した胞子が鉢深く流れてきて、それに根の先端が触れると胞子が発芽して感染する。蘭菌もどこかで胞子が形成されていて胞子の飛散でも感染している。しかし直近の親根からの感染が早いだろう。

画像(290x217)・拡大画像(640x480)

山苗では何年作っていても根が白くてきれいなものがある。これは微生物の種類が少なく根を茶黒くする雑菌がいないからだと思う。

そして株分けを繰り返した株は雑菌が年々多くなり新根にも同様の微生物相として移っている。消毒でそれらを少なくすることは出来ても根絶は出来ない。

私は以前から根を茶黒くしている(根被の付着物や内容物ではなく細胞壁自体が黒くなっていることがある)原因菌の一つは炭そ病でないかと考えているが、証拠を見つけることは出来ていない。炭そ病菌だとしたら山にはいないので山苗の根が白いのが納得する。(画像は炭そ病菌の胞子?)

画像(290x192)・拡大画像(1000x664)

私はこのブログで「根(根被の表面や内部)が茶黒くなるのは活発な微生物活動の結果で外皮以下が正常であれば何ら問題は無い」とずっと言ってきた。
逆に蘭や蘭菌はこの茶黒くなった物体(微生物と小動物の死骸や微生物が集めた土壌粒子など)を栄養源としていると考えられる。それによって蘭の生育は結果的に旺盛になっている。炭そ病菌も根皮でとどまっていれば最終的には他の微生物の餌となる。

画像(290x192)・拡大画像(1000x664)

問題は茶黒いのが根被にとどまらなくなった場合だ。
腐敗病のフザリウムは言うまでも無いが、炭そ病菌も大量にあれば外皮を突破して侵入してしまうかもしれない。また未知の菌が侵入していることもあるだろう。
阻害要因のところで書いたように蘭菌に問題があれば蘭菌の空けた外皮の穴から雑菌が侵入するかもしれない。
同じ栽培条件でも微生物相(種類や量)の違いで根痛みが違ってくる。

親バルブがどんな微生物相であるかはその後の栽培に大きく影響するのだ。そのため同じ品種の蘭をどこから入れても同じように作れるかというと作られないのが寒蘭だ。
寒蘭を購入する場合、親バルブがどのような微生物相であるか見定めて購入しないとバカを見ることになる。

画像(192x290)・拡大画像(664x1000)

また白い根を賞美する傾向にあるが何故白いかを解っていないと失敗する。
寒蘭の根を白くしようと消毒を繰り返すと微生物の数は大きく減ってくる。しかし完璧に根絶は出来ない。ある程度は残っている。この親株を新たな土に植えると同じように消毒を繰り返さない限り微生物の数を抑制することは出来ない。人が変わり棚が変わったとき微生物は一気に増殖することがある。
消毒で微生物の増殖を抑制してきたような株は消毒しなくなると強い菌が一気に増えてくる。弱い菌を抑えてアンバランスなこととなりやすい。弱い菌が蘭菌であったり強い菌が病原性を持っていると悲惨な結果となる。

一方で消毒が少ない親株は微生物の種類と量に均衡が保たれていて、新たに植え直しても同じように作れることが多い。


Posted by woods at 2016年02月18日(木) 06時52分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年02月17日(水)

生物性6 [寒蘭と土]

根圏微生物の種類については一般的な物はネット上に良く出来た紹介ページがあるのでそちらを見て欲しい。
寒蘭においても蘭菌以外の糸状菌、放線菌、細菌、小動物等が複雑に絡み合っていると思われるがそれぞれの微生物の働きはどうなっているかは解らない。

寒蘭の場合、根被が発達していてこれが根圏微生物の生活の場となっている。蘭菌は外皮から皮層に侵入して皮層内に定着できるが、その他の微生物は外皮への侵入が出来ない。

画像(240x290)・拡大画像(755x912)

右は根の断面図(左半分)
@根被の表面に付着した根圏微生物もしくは微生物によって集められた死骸や土壌粒子。
A根被を浸食し内部まで侵入した微生物。
B外皮=蘭菌以外の微生物は基本的には外皮内には侵入できない。防御機能が働いている。
C蘭菌が存在できるエリア=ラン菌根菌が生育できる範囲。
D蘭菌が定着できないエリア。
E皮層内の修復痕?

蘭菌はランの共生菌と言われるが、本人たちは共生しているつもりはないと思う。
食うか食われるかの関係だ。蘭菌は蘭の貯蔵養分であるデンプンを目当てに皮層に侵入している。片っ端からデンプンを食べていると思われるが蘭菌は皮層の奥深くまでは侵入できない。本来の根の機能で侵入を抑制されているからだ。寒蘭も内皮や中心柱まで蘭菌に侵入されたらフザリウム菌に犯されるような病気になってしまうのだろう。
寒蘭は本来皮層内にため込むデンプンを蘭菌に取られているが、日照不足などで光合成がままならなくなったときは蘭菌を消化して栄養源にしている。その攻防が皮層の内部で行われているのだ。

蘭菌は蘭菌で寒蘭ばかりで無く根被内あるいは根被表面にいる微生物から直接もしくは死骸などから栄養を取っていると考えられる。

Posted by woods at 2016年02月17日(水) 20時33分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年02月13日(土)

生物性5 [寒蘭と土]

前回の続きだが
最初、自分は払い越しの蘭で「根絡め寄せ植え法」を試していた。

私が手に入れた払い越し産の蘭は、24ヶ月毎に植え替えるときほとんどすべての根がズタズタになっていることが多かった。比較的作りやすいホル付きの蘭でも良いところが一つも無いものもあった。唯一良く出来たのは本坪から少し離れたところで自分が採った花は良くなかった蘭だった。

画像(290x191)・拡大画像(1200x791)

払い越し蘭の作りはいろいろ良いと言うことを試していたが、平成13年に購入した「北天の光」が2度ほど根を傷めたとき、どうも蘭菌が弱いのではないかと丈夫な他山のホルモン付き苗と寄せ植えしてみた。


画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

画像は今の北天の光。

根は色は悪いが一本も腐った所はない。

画像(193x290)・拡大画像(799x1200)

寄せ植えをして3年目くらいだったと思うが平成25年にやっと花を付けるほど成長できた。今でも寄せ植え後に出た根はすべて順調に育っている。


画像は昨年の遅花会。優勝した有紅には負けたが、他の払い越しを抑えて銀賞となった。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

こちら(画像の下の蘭)は一昨年手に入れた「肇国」。立派な葉が4芽あったが新子の根以外はすべて腐っていた。2芽にして寄せ植えしていた。

画像(193x290)・拡大画像(801x1200)

画像は肇国の根を整理した後。
5本はしっかりした根だったが購入時に降りていた根はカスカスに傷んでいた。生きた根は昨年の新芽に降りた2本の根と、購入後に伸びたと思われる3本の根だ。

画像(193x290)・拡大画像(801x1200)

こちらも払い越しだが大株の根が傷んだとき根がまだ少し生きていた2芽を寄せ植えしていた。その時の根はダメになっているが新たに数本根が伸びてきている。

画像(192x290)・拡大画像(797x1200)

悪い根は剪除して、もとの株と寄せ植えして植え戻した。

生物性は蘭菌だけを述べてもいけない。
この払い越し蘭も悪い根や古いバックバルブを思い切って除けているので、蘭菌以外の生物性も新たに植え付けした後では大きく変わってくると思う。それがこのような効果になったのかもしれないからだ。ここで断っておくが今まで述べてきたことは裏付けの無い私の経験上の話だ。根本的に間違っているかもしれないので話半分に読んで欲しい。

農業場面においては生物性は有機物の投入をメインにした土作りで改善していくのだが、寒蘭の場合には用土に有機物を混入する栽培法はあまりなされてきていない。
それは、根圏微生物の活動の場が土壌でなく根被を中心としているからだろう。蘭は高等植物で他の植物より根圏微生物を上手に飼い慣らしていると思われる。その一番の特徴が分厚い根被を持っているところだ。

長くなったので次に続く

Posted by woods at 2016年02月13日(土) 08時57分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年02月12日(金)

生物性4 [寒蘭と土]

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

生物性の阻害要因を幾つか挙げたが、他にもいろいろとあるだろう。
これらの阻害要因を少しでも取り除いていくことが大事だが、生物性がおかしくなった蘭の対処法があるので紹介したい。

かつて私も生育の良くないか株は何らかの病気だろうと根の消毒をよくしていた。ことあるごとにダコニールをたっぷりとかけていた。また根の茶黒いのは炭疽病が原因ではないかとアミスターやゲッターを全鉢に年3,4回潅注していたこともある。
大きくて丈夫な株はこれでも蘭菌は再生し良好な生物性にすぐになっていたと思うが、小さな株や葉緑素の少ない黄金葉は蘭菌が大きなダメージを受けその後の雑菌の繁殖により株を拗らせていた。

蘭菌の茸は椎茸や松茸のように人目に付くことはない。おそらく0.数ミリの大きさだろう。それでも茸を地上に出して胞子を飛ばしているのだろう。

新芽の根は発生直後は蘭菌を持っていない。新根がある程度成長して外部から感染している。親バルブには蘭菌があってもバックバルブを経由して新芽に到達することはない。直近の根から土の中に菌糸を伸ばしそれが新根に到達することによって感染しているか、胞子を土中に放出し新根の先端に付着した胞子の発芽で感染している。

上の画像は数年前に拗れた黄金葉の小苗を丈夫な山苗に寄せ植えしていたもの。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

画像の左の苗はバックから2芽外した物で根が良くなく先端を切除した。何年も拗れて作れなかった株だ。右の苗は生育良好な山苗だ。

画像(193x290)・拡大画像(801x1200)

左の株を右の株に根が絡むように寄せている。

画像(193x290)・拡大画像(801x1200)

それをこの状態で鉢に植える。

蘭菌を強制的に感染さす栽培法で「根絡め寄せ植え法」とでも言ったら良いか、これが上の画像のように拗れた苗が良く育つのだ。新たな根が伸びれば優良な蘭菌が感染する。またそれだけでなく蘭菌のネットワークにより大きな株の貯蔵養分が小苗に供給されて生育自体が良くなる。ペロトンから伸びる菌糸が栄養を遠くへ運んでいると考えられる。



Posted by woods at 2016年02月12日(金) 06時33分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年02月11日(木)

阻害要因3 低温と高温2 [寒蘭と土]

凍害は根に障害が現れるが、根が凍ってしまい溶けてもすぐには解らない。2,3ヶ月後に植え替える時にすべての根がズタズタになってしまっていて凍害があったと解る。

また、それとは違って春には問題ないが秋になって同様の状態になっていることがある。なぜこんなになっているのだと不思議でしかたないときがある。

今のところ想像でしかないが、これは寒蘭の根は凍結被害を受けなくても蘭菌が寒でやられた結果、蘭菌の皮層内ネットワーク(菌糸が細胞壁に穴を空けてペロトンを連結している)に他の雑菌が侵入し根細胞を腐敗させてしまうためでなはないだろうか。夏場の高温で蘭菌が死滅しても同様の結果だろう。

蘭菌の説明はブログのどこかでしていたと思うが見当たらない。
蘭菌は通称で、蘭の根と共生するものはラン菌根菌(担子菌であることが確認されている)と言う。
ラン菌根菌といっても寄主それぞれに(ランの種類ごとに)固有の蘭菌があるようだ。例えば春蘭は椎茸菌、ナギランはシメジ菌、寒蘭は松茸菌とかだ。ただ詳しく調べられていない。またフウランの蘭菌は日本に自生している物と南米に自生している物とでも同じ種類のようだ。

ただ椎茸にも歪で肉薄のものから丸くて肉厚の物まであるように変種が様々有る。寒蘭の蘭菌も産地により坪によりいくらかは変異していると考えられる。そのため蘭菌の性質によって蘭の生育も影響されていると思われる。実際栽培しているとある坪の物は生育がすこぶる良いがあるところのものはいくら採ってきてもどれも良く育たないと言うことがある。

これが蘭栽培を難しくしているのではないだろうか。例えば「払い越し産の蘭菌は暑さに弱など」のように同じように栽培していてもその産地の蘭だけが根が悪くなると言うことが考えられるのだ。

Posted by woods at 2016年02月11日(木) 06時33分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年02月10日(水)

阻害要因3 低温と高温 [寒蘭と土]

蘭菌をメインに考えるとやはり温度は大事だろう。蘭菌の生育適温は20℃〜27,8℃くらいだと思われるが、これから大きく逸脱すると蘭菌は生育できなくなる。鉢内温度をこの範囲にいかに長くおくことが出来るかが蘭の生育を左右する。

寒蘭の自生地では蘭菌が生育する地面の中(地下10センチほど)は冬場気温が氷点下になっても5℃以上あり(平均的には10℃くらいある)夏場気温が30度を超えても25℃以下に保たれている。
降雪後に蘭採りに出かけてみると蘭が生えているところだけ雪は積もっていないかすでに溶けている場合が多い。地面が凍るようなところには蘭は生えない。おそらく蘭菌は低温には相当弱いのだろう。
また、寒蘭幼木の出芽は春先に出てくる他の草木より大きく遅れ初夏になってしまうが、これは蘭菌の生育適温が比較的高いことを示している。

寒蘭自体の温度耐性は低温側でおそらく−3,4℃程度で高温側は湿度が確保できれば40℃を超えても耐えられる。
しかし蘭菌は5℃以下では生育できないし氷点下になると死滅してしまうのではないだろうか。高温も30℃を超えてくると全く活動できないと思う。

糸状菌の温度耐性を調べていたらネット上に面白いページを見つけた。文部科学省のカビ対策マニュアルのカビの記述だ。

「自分は蘭菌は関係ない」と思っている方も多いと思うが、良くも悪くも寒蘭は蘭菌と切っても切れない関係がある。

一般に共生関係と言っているが、実際は蘭菌は炭素病菌のような病原菌と同様に寒蘭を餌として寄生している(下手したら寒蘭は蘭菌に食べ尽くされる運命にあるかもしれない)。それを寒蘭が利用しているに過ぎない。もちろん蘭菌が無くても蘭は育つ。無菌状態で栽培されて証明されている。

一方、蘭菌は居ないと考えられる人工交配の瓶苗も蘭舎で育てていると蘭菌を持っている。もちろん無菌発芽なので瓶から出すまでは蘭菌は居ない。自分は何本か瓶苗を育てていてその根を検鏡し、蘭菌は居ないと思っていたがすべての株にラン菌根菌を発見した。瓶苗生産者がどこかで蘭菌を接種したかと尋ねてみても誰もそんなことはしていなかった。
無菌の苗も蘭舎で自然に蘭菌に感染するのだ。

Posted by woods at 2016年02月10日(水) 22時58分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年02月07日(日)

阻害要因2 消毒 [寒蘭と土]

私は寒蘭の生育を一番悪くしているものは過剰施肥だと思っているが、植え替え時の根の消毒や用土への農薬潅注も土壌の生物性を損なわせて生育を悪くさせていると思う。

下の表は平成27年の農薬散布及び施肥実績だ。
ここ何年かは蘭菌のことを考えて土壌の消毒はしていない。植え付け時だけ最低限としてタチガレエース液剤1000倍液を潅注している。

画像(360x170)・拡大画像(1323x626)

古いデータは整理できていないので平成23年になるが下表が以前の実績だ。
以前は植付け時にはタチガレエース液剤のみならずアミスター20フロアブルも潅注していた。また年間2,3回全鉢への潅注もしていた。23年はタチガレエース液剤のゲッター水和剤混合が1回と単用が1回だけだが、年によりアミスター20フロアブルやベンレートT水和剤、さらに古くはダコニールなども潅注していた。

画像(360x183)・拡大画像(1253x639)

平成24〜26年の実績はこちら


農薬の使用はもちろん病気の発生予防だ。薬剤の用土への潅注はかつてやっかいな炭疽病や腐敗病が蔓延したため農薬散布で防除に努めた結果だが、今思えば蘭菌に大きなダメージを与えていたと思う。

現在の農薬では根組織内へ農薬成分が浸透して糸状菌を完全にやっつけるほど効果の高いものはなく腐敗病のフザリウム菌や炭素病菌が組織内に侵入してしまえば防除はお手上げ状態となる。

その点から農薬を潅注しても蘭菌を根こそぎ殺してしまうことにはならないが根組織の外部に伸びている菌糸は相当のダメージを受ける。しかしながらラン菌根菌は外部菌糸がやられても細胞内にペロトンが残っていれば菌糸を再生することができる。
参照:細胞内の菌糸細胞外の菌糸





Posted by woods at 2016年02月07日(日) 18時44分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年02月06日(土)

阻害要因1 施肥3 [寒蘭と土]

前回の記事は何を言いたいかよくわからなかったと思うが・・・
(一般土壌の考えでは寒蘭の説明は出来ないかもしれない。)

寒蘭では一般の作物と比べると土の粒子が大きすぎる。気相率が20〜30%以上となる粒径は赤玉土では直径2mm以上、鹿沼土やさつま土では1mm以上である。意外と小粒でも理想的な三相構造の気相率25〜35%となる。

これから見ると実際に使用している用土は必要以上に気相率が高くなっていると考えられる。当然だが微塵(直径1mm以下のもの)を除去すると固相率は低下して気相率は著しく増加する。

大粒化して気相率が高くなり固相率が減ると保水性が悪くなる。保水性が悪いと肥料の濃度障害を受けやすくなる。

私が言いたいのは濃度障害を起こさないように施肥管理しないといけないと言うことだ。

濃度障害→細胞破壊→雑菌の侵入→生物性阻害
施肥が限度を超えることによる外皮の損傷はそこで侵入を阻止していた病原菌や雑菌を皮層内に入れてしまうことになる。皮層細胞が破壊されてしまうと当然だが皮層内にいるラン菌根菌はダメージを受けることになる。

画像(360x239)・拡大画像(1000x664)

この表は20年以上前に作成した資料です。
今までに何度も皆さんに公開してきましたが私自身これでこの20年間施肥をしてきました。

下の説明はこの表の補足説明文(既出ですが抜粋して転記)です。


5.施肥及び用土
 施肥量は経験的な必要量を置き肥で示しましたが、農業用単位で1a(100平米)当たり窒素成分量1.0kgを一回施用量の上限としました。これを越えても寒蘭がすぐに枯れることはありませんが、2.0kg、3.0kgと施用すれば窒素等の肥料成分や塩素等の有害成分の濃度が濃くなりほとんどの寒蘭は根痛みを起こします。(肥料で根痛みを起こしている場合を計算すると、1回の施用量は上限の1.0kgを3倍も4倍も超えています。)

 施肥量を増やして根痛みさえ起こさなければ寒蘭の生育は大きく向上しますが、潅水量と土壌水分の関係で失敗する場合が多いと思い。潅水時には適度の濃度であっても寒蘭の吸水と鉢からの水分の蒸発とともに肥料濃度が濃くなり根を傷めることになります。根の外部の浸透圧が高くなることにより根の細胞内の水分が奪われ、ひどいと細胞自体が破壊されてしまいます。

 蘭の根は、鉢の偏ったカ所に肥料があり、溶け出した肥料成分がその回りだけであったとしても、近くに位置する一部の根が吸収して、その後根全体に肥料成分を行き渡らせる優秀な機能を備えています。故に鉢全体に均一に施肥する必要はなく、結果的に少量の肥料でかまわないことになります。

 この1回量1.0kgの施用量で温度管理、遮光管理、水管理をバランスよく行えば年3回程度の施用(年間3.0kg)で寒蘭は十二分な生育となります。ただし、山採り苗等旺盛に育っている場合は次の置き肥までに、液肥を潅注すると良いでしょう。肥料不足は葉枯病や炭疽病の発症要因になっています。ただし、生育の悪い物、小苗などでは1回の施用量を減して施用します。

 一般には液肥の施用も行われていますが、根痛みの原理は同じです。濃い液肥を再々施用すると置き肥を多くやったのと同じとなります。

 園芸用の液肥では、ラベルに記載されている作物の使用濃度の2〜3倍薄い濃度で使用すると良いようです。1,000倍と書いていれば2,000〜3,000倍で使用します。(ただし、寒蘭専用の液肥は最初から2,000〜3,000倍の薄い倍率を使用するよう記載しています。)

 潅水代わりに液肥を施用することがありますが、寒蘭用の用土は全体的に保肥力が高いものです。何回も施用すると、どうしても肥料濃度は濃くなっていきます。潅水は潅水、施肥はたとえ薄い2,000〜3,000倍の液肥であったとしても潅水とは別に行うべきです。

 一般の作物と比べると寒蘭の施肥量はかなり制限されています。寒蘭は園芸用のシンビジウムの仲間ですが、シンビジウムと比較すると、3分の1以下の耐肥性しかありません。ちなみに耐暑性も3分の1以下です。シンビジウムと同様の管理をしても施肥量は3分の1以下としなければならないです。しかも使用鉢及び用土が土壌水分を常に低くしています。また潅水回数もシンビジウムの3分の1程度です。このため肥料成分が濃くなることを勘案して寒蘭の施肥量は決めなければなりません。植え方が特殊であるために、シンビジウムの施肥量からは3分の1を更に4分の1〜5分の1程度までに少なくする必要があると思います。

Posted by woods at 2016年02月06日(土) 20時47分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年02月03日(水)

阻害要因1 施肥2 [寒蘭と土]

施肥の問題について語る前に

土壌の「三相構造」を聞いたことがあると思うが、土壌は固形物の固相、水分の液相、空気の気相の三相に区分される。それぞれの割合を示したものが三相構造だがこの三相の割合が異なると作物の生育も違ってくる。一般的な土壌は固相40%:液相30%:気相30%である。

また水の種類は性質によって3つに区分される。
重力水=土壌中を重力によって移動する水(概ね24時間で鉢底から流れ出る)
吸着水=壌の吸着力によって保持されている水
毛管水=土壌の粒子間に保持されている水
ちなみに三相構造の液相は重力水を除いた吸着水と毛管水を足した物になる。

未熟な土壌で固相割合が高いと保肥力や排水性が劣り作物は良く育たない。三相構造は一般には土壌が熟成するにつれて土壌が単粒構造から団粒構造と変化することによって孔隙(すき間)が増え植物に有利な構造となる。




寒蘭の土は直径2mm以上の礫が使用される単粒構造の礫耕栽培と考えられるが実際は大きな粒の表面に砂やシルトや粘土が付着したい団粒構造とも言える。このあたりは用土の作成方法で人により大きく違っている。
一般に単粒構造よりも団粒構造の方が保水性と保肥力が高い。
寒蘭の用土は一般的な団粒構造ではないにしても大きな礫を使うことで擬似的に団粒構造にしてきたのだろう。
先人が創意工夫してこういう形になっていると思うが、土壌としては基本的にはシルトや粘土の存在が重要で見た目だけ団粒構造にしても意味が無い。

土壌水分には毛管水があり水分移動が上から下という移動でばかりでなく下から上または横から横へと移動している。いわゆる毛管現象だ。この毛管現象により根に水が長期にわたり供給される。またこの水の流れにより肥料成分も移動する。

土壌はシルトや粘土が存在することにより毛管水が多くなり毛管現象も活発となる。


注)粘土(粒径が1/256mm以下)より粒が大きく粗いもの(粒径1/16mm〜1/256mm)をシルトと言う。

私の用土作成については今までに何度も紹介した
この中で多くの方に興味を持って見て頂いたがほとんどが個別の土を何を使っているかにとどまったと思う。
私の意図としては作成過程・作成方法・粒の大きさ等見て欲しかった。

上にリンクしたYouTubeの動画でもダケ土作成も篩でふるうものの微塵(シルトや粘土)は出来るだけ残している。市販土は袋から出してそのまま混ぜている。最終的にはタンクに入れて散水しているが湿らしているのであって洗浄はしていない。

かつて私に土作りを教えてくれた先輩はそれぞれの土を微塵が無くなるまで何回も洗浄していた。ダケ土においては角が取れるまで洗っていた。

植え付けるまでに用土はしっかり馴染ませる。散水し後日キトサン(キトチンキ1000倍液)と微量のHB101液を潅注しているが、その効果の程は不明だが、前もって散水して土を湿らしておく効果は高い。これによって礫のまわりにシルトや粘土がしっかりと付着している。

こちらは植え付け時の動画だが前もって用意した土は5mmの篩にかけても微塵はあまり出ない。
それとさらに重要なことがある。ここ何年かは表土(0.5センチ前後)は5mmで篩った土をのせているが、以前は下から上まで同じ大きさで植えていた。

入門当初は教えられたように大中小に分けて底は大粒、中は中粒、上部は小粒で植えていたが、なぜそんな毛管現象を途中で絶つような植え方をするのかとすぐにすべて同じにした。

現在では小粒の表土を使っていることもあるが、鉢底は篩から気持ち大きめの粒をつかんで入れている。それでも8割は同じ大きさの用土だ。
これによって水回りと肥料回りが良好だ。

Posted by woods at 2016年02月03日(水) 07時11分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年02月02日(火)

阻害要因1 施肥 [寒蘭と土]

生物性の中で私が何を言いたいかは解ると思うが、いわゆる蘭菌が本当に重要な働きをしていると言うことだ。蘭菌=「ラン菌根菌」は寒蘭根組織の「皮層」の中に生育する。皮層の環境(皮層は生物性の領域になる)をいかに好環境に保ちこのラン菌根菌をうまく生育されるかが、寒蘭を上手に育てるコツになる。

立地条件や採光、水やりや施肥等の肥培管理も生物性に直結する。

既出の資料になるが
まずは寒蘭の根がどんな構造でどんな働きと特徴があるかを知っていないと前に進まない。

1.寒蘭の根の図から
IDとパスワードを求められたらそれぞれ hokanko


2.根の構造(顕微鏡写真)


この記事の下にあるが

澤先生の記述から
「カンランの根には根毛がなく(根の発生初期にはあるがまもなく消滅してしまう?)養分や水分は根被細胞を通じて吸水されている。このためハイポネックスなどの化学肥料を施す際には充分注意しなければならないことがある。それは植物体に影響がなさそうな濃度の液肥を与えたとしても、その後、鉢内が乾燥するにつれて、液肥を吸った根被細胞内での水分は内部への移行のみ行われ、それを補充すべき外からの水分の供給が少なくなり、その結果、根被細胞内の液肥の濃度が高くなり、結局、高濃度の液肥を外皮に施したと同じ状態になって濃度障害を引き起こすことになる。したがって、鉢内が乾燥しないように常に注意して管理するならば普通の草花と同程度の濃度の液肥を施してもかまわないが、それには手間がかかるし、逆に加湿になりやすい。したがってランに化学肥料を施すときは、草花などに施用するときよりも三〜五倍に薄め、そのかわりに施す回数を多くして灌水代わりにかけるようにすることである。」

この記述のように寒蘭は構造的に肥料に弱い。澤先生は土壌肥料は専門外なので液肥と限定しているが、置肥も同じだ。

液肥や置肥の施肥が限度を超えると根を傷めることになる。外皮が損傷するとそこで侵入を阻止していた病原菌や雑菌を皮層内に入れてしまうことになる。皮層細胞が破壊されてしまうと当然だが皮層内にいるラン菌根菌はダメージを受けることになる。

Posted by woods at 2016年02月02日(火) 00時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

2016年01月30日(土)

生物性3 [寒蘭と土]

植物を育てる方法は様々で土の使用を極限に減らした養液栽培から土の機能を最大に活用した有機栽培まで幅広い。
生物性から見ると養液栽培は土を使わないので限りなく0に近く有機栽培は微生物の餌が豊富なため生物性はMAXになる。

昭和の終わり頃、夢のような栽培方法として養液栽培が農業現場に出現した。多くの関係者が既存の栽培方法がこれに取って代わるだろうと思っていた時期があった。試験場やメーカーのデータ等では収量が飛躍的に増えると考えられていたからだ。
新しい農業として多くの農家が養液栽培に取り組んだ時期があったが、思ったほど収量は伸びず資材の高騰が農家を苦しめた。
試験場では比較的小さな施設で栽培するため換気や温度管理等が行き届き、小さなハウスだと光環境も良いため高収量を得ていたと思う。しかしながら現場では一定以上の規模がいるため管理が難しく特に夏場は高温になりやすく冬場は日照不足になりやすかった。
そのため目標の品質・収量に届かなかった農家が多かった。今思うに生物性を無視したような栽培方法は想定外の環境変化に対応できなくあまりにも脆いのではないだろうか。

土を使う慣行栽培では同じような施設で同じように環境不良になっても一定の収量を得ていた。
高知県ではナスやキュウリ、ミョウガやニラなどがハウスで栽培されていて私はハウスの土壌分析・診断にも関わったことがある。その中でやはり生物性を無視したような栽培をしている農家ほど悪環境に苦戦していた。化学肥料の量を制限したり堆肥投入等で土作りに力を入れている農家ほど夏場の高温障害や冬場の日照不作に対応できていた。

寒蘭にとっての理想の生物性を説明するのは難しいが、生物性を阻害する要因はいくつかあり、この阻害要因を一つ一つ排除することで理想の生物性が確保できるのではないかと思う。

Posted by woods at 2016年01月30日(土) 06時35分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年01月28日(木)

生物性2 [寒蘭と土]

画像(290x163)・拡大画像(1200x675)

ブログネタに土の話でもと思い生物性を思いついたが、この話は簡単に記事にはできない。解らないことが多いからだ。

ただ簡単に表すとこれだ。
画像の蘭だが、3年ほど前に不要なバックバルブを植えていた物が大きく育った物だ。

画像(290x163)・拡大画像(1200x675)

この3年間何一つ世話をしていない。まして肥料は完全な無施用だ。
長靴と比べて欲しい。蘭舎で育てるよりずっと大きな葉が育っている。

画像(290x163)・拡大画像(1200x675)

ここはこんな場所だ。25年ほど前に文旦や日向夏の苗を植えた畑。この片隅に寒蘭を植えてみた。

画像(290x163)・拡大画像(1200x675)

柑橘の苗を植えてから4,5年までは肥料をした記憶があるが、その後20年間は全く何もしていない。草が生えたら年に2,3度草刈り機で刈るだけだ。それでもこの日向夏のように毎年実を付けてくれる。

Posted by woods at 2016年01月28日(木) 17時54分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

寒蘭と土の最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2014 Tosakanran's Site Woodynote All rights reserved.