new Woodynote

    Woods@管理人のブログです。

8

2019


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索


カテゴリーリスト

2019年08月01日(木)

考察 [飽差を考える]

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

時間は15時59分
この時間まだ気温は高い。もう少しすると太陽が隣の畑にある檜に隠れて陰になる。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

今年は飽差値を意識して管理してきた。
と言っても昨年までと違えたのは腰高までだったサイドのビニールを北側以外全面被覆としたことだけだ。
ただ、これだけで昼間の湿度は上がり、飽差の許容範囲にある時間帯が伸びた。また意外だったのがビニール内の温度がビニールの外より高くならないことだった。ビニールで囲っている間は床面散水を伴っているので、その効果だと思うが、2〜3℃は上がってしまうかなと覚悟していた。また外が晴天で乾燥するときは蒸散作用が大きいのか1〜2℃低くなる。ただし採光量が多いと室温は上がるので適切な遮光管理が必要なる。(この時期遮熱優先にしているので明るいところで8千〜10千ルックス程度)

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

日が陰る頃には被覆していたサイドのビニールは出来るだけ開放している。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

花時期には、発色に影響するのでビニールはすべて取り除くと思うが、サイドはどのタイミングで外すかまだ判らない。酷暑が続く間はこのままで良いかなとは考えている。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

画像は7月18日に植え替えて第三蘭舎からこちらに持ってきた未開花蘭。
こちらに馴染むか様子を見ている。2週間経つが大丈夫そうだ。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

おおむね生育は良好だ。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

湿度が高いので病気を心配したが、病気の発生率は昨年までより低い。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

この管理で飽差の許容範囲に入る時間が増えるのは、多くて2時間程度で少なくても1時間はあった。これが多いのか少ないのかは何とも言えないが、一夏過ぎれば大きな違いになってくると思う。

Posted by woods at 2019年08月01日(木) 22時24分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年06月20日(木)

今日の第一蘭舎 [飽差を考える]

画像(290x213)・拡大画像(1200x882)

画像は今日の14時25分前後の物です。

今日も梅雨入りにならなかった。薄雲がかかっていたが暑い日になっていた。外は31℃。明日も曇りから晴れの予報に変わった。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

蘭舎内は32℃。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

蘭棚は31℃。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

鉢に近いところは30℃。


画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

昼間は蘭舎の窓は開放。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

出入り口も網戸にして通風をよくしている。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

照度は明るいところで1万ルックス前後。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

蘭棚は一部しかビニールを開けていない。


こんなにら囲っているのに、この中が温度が低いのは不思議だ。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

9時頃から床面散水していた。
これの効果だろうか!

飽差を考えると昼前から湿度は足らないのだが。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

ここからは時間は15時33分頃。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

この時間帯まだまだ暑い。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

飽差値には少し足らない。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

ここまで下がると合格!

ただし夕暮れになり日照不足だ。

Posted by woods at 2019年06月20日(木) 20時29分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2019年06月01日(土)

花芽分化期2 [飽差を考える]

今日から6月ですね。

5月の晴れた日は乾燥していて飽差値3以上を確保するのは難しかった。かなり努力しても昼前には規定範囲から出ていた。

画像(290x268)・拡大画像(1200x1110)

画像は今朝の気象衛星画像(高頻度)。
赤外線、水蒸気、雲頂強調とこのような可視カラー合成を選択して見れる。

もうすぐ梅雨だと諦めるのは早い。
上空には水蒸気が多く湿度は高い。日照さえ確保すれば光合成は乾燥した5月よりも順調に行うことが可能だろう。
夏至までは諦めずに花芽分化を進めたい。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

何を言いたいかというと、蘭舎を暗くしすぎていないかと言うことだ。
天気が悪いこの時期は少しでも明るくしたい。葉焼けは怖いが、蘭自体暑さに慣れてきたと思う。

画像(290x178)・拡大画像(1200x740)

花芽分化については過去記事にいろいろ載せています。

[ 寒蘭の勧め 花芽分化 ]で検索すると見つかります。

Posted by woods at 2019年06月01日(土) 06時51分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2019年05月30日(木)

花芽分化期 [飽差を考える]

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

早くも5月が終わろうとしている。
花芽分化を飽差の理論で考えてみると、この時期までが寒蘭にとっては大事な時期だったと思える。今年の夏至は6月21日、花芽分化は日長とは直接関係ないが、夏至までに花芽分化していないと6月下旬以降は花芽分化は望めない。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

自分は今年早めに遮光していた。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

意外と暗くなっていた。
もう少しこまめな管理をしていたらと今更ながらに思う。

Posted by woods at 2019年05月30日(木) 23時15分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年05月26日(日)

昨日の第一蘭舎 [飽差を考える]

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

画像は5月26日に撮影した物です。すべて13時35分前後に撮影しています。
一昨日の続きの話になる。
せっかく棚を囲って湿度を高めても換気扇を回して換気すると湿度は棚外と同じになってしまう。換気扇を回さなければどうかを見てみた。

画像(290x206)・拡大画像(1200x853)

蘭棚
適正飽差値には届かないが外よりは湿度は高いままだ。

画像(290x194)・拡大画像(1200x804)

棚外蘭舎内

画像(290x206)・拡大画像(1200x855)

野外
家の裏 チョコの小屋の上

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

家の裏で一番涼しいのでチョコの小屋になっている。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

蘭舎内は地面に近いほど湿度は高い。
(床面散水のため)

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

日によって条件が違うので湿度も変わってくると思うが、とりあえず30℃までは換気扇は回さないでおこうと思う。
昨年までは25℃設定。

画像(290x194)・拡大画像(1200x803)

この日の条件。一昨日もほぼ同じくらいだったと思う。
晴れて良い天気だが上空には水蒸気が多く照度は意外と低かった。

良く晴れていたいたら10万は超える。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

遮光はいろいろやっている。場所によっては遮熱1枚のところもあれば遮熱+クールホワイトのところもある。温度の上がる午後は照度は低くても良い。飽差を考えたら光合成をする時間帯だけ日を取れば良いことになる。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

棚内は明るいところで7〜8千ルックス。遮光率約90%といったところだ。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

外が良く晴れて12万位になれば蘭舎も1万2千ルックス位になるだろう。(この時期かなり暗めに管理している)

Posted by woods at 2019年05月26日(日) 22時40分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

2019年05月25日(土)

昨日の第一蘭舎 [飽差を考える]

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

左の画像は今朝撮ったものだが、昨日の最高温度を記録している。
家の裏にある温度計で私の胸の高さに置いている。32.5C。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

この日は四万十市中村で34℃で一番の暑さだったとテレビで言っていた。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

こちらはいつもの蘭舎内の温度計。記録している最高温度は32.9℃。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

画像は昨日の朝の空。良く晴れていた。ただ上空の水蒸気は厚く8割方の明るさ(照度)だった。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

蘭舎の窓は6カ所開放。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

蘭棚は天井と3方の側面密閉。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

北面も6割方閉めていた。

蘭棚内が30度近くなると換気扇が作動するようにはしている。
昨日も早くから換気扇が回っていたので密封の効果が十分でなかったのかもしれない。

換気扇を止めてビニールを完全に閉めたらどうなるだろう?まだ試してはいない。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

昨日は9時から15時頃まで床面散水していたので温度が上がらなかったと思うが、思うような湿度は確保できなかった。さすがに30℃越は飽差値3〜6を確保するのは困難だ。

撮影時間は13時10分

Posted by woods at 2019年05月25日(土) 06時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年05月11日(土)

潅水を考える [飽差を考える]

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

自分は一昨年までは、特に飽差を意識した管理はしていなかった。ただ、酷暑対策や乾燥対策としていろいろしてきていた。
その中で潅水間隔が従来よりかなり短くなっていた。

私が寒蘭を始めた頃は1週間に一回とか夏場でも5、6日で潅水していた。それは土の乾き具合を見て潅水しないといけないと教えを先輩から受けていたからだ。その日いくら乾燥していても翌朝まで待って朝の土の乾き具合を見て潅水を決めていた。
これは当時の環境としては間違っていなかった。夏場の暑さが今よりずっとましだったからだ。

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

自分は暑さ対策をするなかで何のために潅水するのかを改めて考えた。それは植物の蒸散機能を利用して葉温を下げることで、光合成を正常に行わせることが最大の目的ではないかと。
それゆえ今では晴れて水を欲しくなるその日の朝に潅水するようになった。ただし前の潅水の水が十分残っている間はしない。
そのため夏場は中2日とか特に乾燥が続くときは中1日で潅水することもある。

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

一日、温湿度計と飽差表を眺めながいると、潅水するタイミングも大事じゃないかと思えてきた。朝早くでなく飽差値の上限になった頃(この時期10時くらい)にやれば、光合成が可能な時間帯が伸びるのではないかと。実際潅水後1時間くらいは飽差値を下げている。

画像(290x193)・拡大画像(1200x800)

ある先輩は私がいつも行く喫茶店に8時頃から9時半頃までいる人だった。冬でも夏でも一年中だった。自分は夏場はここに来るまでに潅水してきたら良いのにと言ったが、頑なに一年中喫茶から帰った10時頃に潅水していた。
その人の作が、あまり明るくない蘭舎なのに良いのはなぜなのだろうといつも思っていたが、私の蘭が光合成をやめる時間帯に、先輩の蘭は光合成を継続させていたのだ。

Posted by woods at 2019年05月11日(土) 06時05分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

2019年05月07日(火)

飽差表 [飽差を考える]

画像(216x290)・拡大画像(869x1166)

既出ですが再度掲載します。
私の自作の飽差表です。
3.0〜6.9までを強調している。

野菜 特にトマトやなす等が気孔を開く飽差値のようです。
寒蘭がどのような反応を示すかよくわからないですが、寒蘭も飽差値5前後で管理することが良いのではないかと思います。
ただし乾燥が続く生育環境にあれば幾らかは気孔を開いて光合成を行っているとは思います。

Posted by woods at 2019年05月07日(火) 20時16分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

散水 [飽差を考える]

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

連休も終わり今日は見事な五月晴れでした。

画像(290x223)・拡大画像(1200x924)

土佐文旦が花盛り。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

蘭舎内は猫にとって最適なのだろう。よく寝ている。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

時間は10時40分 温度22.6℃ 湿度61%(飽差値7.8)
ボックス栽培が上手くいっていると思っていたが、この時間帯で早くも乾燥してきた。飽差の概念では飽差値で7を超えてくると植物は気孔を閉じて自身が乾燥するのを防ぐようになる。そのため光合成が出来なくなってしまう。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

それで、急遽 床面散水をすることにした。光合成をする時間帯を伸ばしたいのだが、自分のやり方では限度がある。昼頃になると気温が上がることで飽差値はどうしても7を超えてくる。気孔を開いている飽差値に留めるのは難しい。それで12時で散水はやめた。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

同じ時間帯の棚の外
棚内より早くから乾燥している。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

野外 物干し場
蘭舎内より乾燥している。

Posted by woods at 2019年05月07日(火) 19時38分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年05月03日(金)

今日は中5日潅水 [飽差を考える]

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

令和になって3日、変わったことは特に無いです。
天気の良かった昨日と今日は自分はリハビリのためゴルフをしていました。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

昨日今日とは第一蘭舎は南の窓を開放していた。
今までは温度が低いとき(夜間など)はこまめに閉めていたが、ボックス栽培は乾いた風が吹き込むことで蘭棚が酷く乾燥することが無いので開けたままに出来る。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

気がつけば前回の水やりから6日。この後水やりをした。
南のビニールも開けていた昨年までより土が乾く間隔が長くなっている。

画像(290x188)・拡大画像(1200x780)

棚の外

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

棚内

蘭棚は湿度は常に高めになる。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

潅水後

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

この温湿度計では、湿度の表示限度を超えている。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

この温度計でも・・・

今日も気温が高い日だったが、蘭舎は窓を大きく開けていたのでそんなに温度は上がっていなかった25℃くらいだった(家裏の温度計より1℃ほど低かった)。ボックス内は1℃ほど高かったが、湿度も高かかった。

昼間留守をして見ていないが、飽差がちょうど良い具合の時間帯はかなり多かったと思う。

Posted by woods at 2019年05月03日(金) 20時58分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年04月26日(金)

今日の蘭舎 [飽差を考える]

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

画像は今朝の蘭舎
今日の天気予報では、高知県西部は24℃まで気温が上がる予報が出ていた。
昨日は雨模様で晴れることは無かったが、遮光をきつくした。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

第一蘭舎は75%遮光の遮熱ネット一枚から棚上に25〜30%遮光のクールホワイトを張った。第三蘭舎は75〜80%遮光のクールホワイト一枚から+25〜30%遮光のクールホワイトととした。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

今年は早めに作業している。
このブログを始めた頃は採光優先に管理していたが、
ここ何年かは遮熱や散水による高温対策に重点を置いていた。

採光から見るとまだ15千ルックスを超えていないので、遮光を強くするには時期的に早い。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

早めに二重にしたので蘭舎内はかなり暗い。

今年は飽差を考えながら管理しようと思う。

画像(290x193)・拡大画像(1200x801)

まだどんなことをしていくか決まっているわけで無いが、この3枚の画像のように棚の南面(時期的に東西も)はビニールで囲って風通しによる乾燥を防止しようと思う。その反面蘭舎の窓は開放し蘭舎自体は外気温に近くしたいと思う。(昨年までは窓の開放は出来るだけ少なくして乾燥を防いだ)

Posted by woods at 2019年04月26日(金) 08時49分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

ページのトップへ ページのトップへ

飽差を考えるの最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2014 Tosakanran's Site Woodynote All rights reserved.