このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。
トップページ > 記事閲覧
3〜4花の花配り。
日時: 2011/10/15 10:01
名前: satoru62   <saikedan@po.saganet.ne.jp>

御無沙汰しています。
3〜4花の花配りの基本を教えてください。
花茎のねじれを防ぐ方法は鉢を回すほかに、何か対策があったら教えてください。
メンテ
Page: [1]

Re: 3〜4花の花配り。 ( No.1 )
日時: 2011/10/15 17:28
名前: woods

お久しぶりです。お元気でしたか。

花茎の補正は支柱立てが一番簡単だと思います。
鉢を回すのはなかなかうまくいかないですね。
支柱を立てない場合は蕾が傾き始める頃まで斜めに伸ばしその後一気に元を起こします(鉢を回さなければ傾きながらも花茎は真っ直ぐに伸びていきます)。
バルブの近くであるほど良いですが、花茎が垂直になるようにしてアルミ線で硬く縛り固定します。早い時期なら元は固まりアルミ線を外しても花茎は垂直のままになります。もし傾いてきたら縛ったままにしておけばです。

花配りの基本は花の傾き方向を同一方向にし、第一花と同じ向きに頂花を向けることです。上から見てすべての蕾を右回りにするか、左回りにするかですが、同一方向にしたとき頂花が第一花の反対方向を向くようなら、そのときには逆向きに傾けると第一花と同一方向を向きやすくなります。3〜4花の場合の中の1〜2花の向きですが、全体を見たとき違和感がなければどちらを向いていても良いと思います。5〜7輪の時は中一輪が第一花と頂花の向きに揃っているとベストですね。

基本はこうですが無理に合わすと見づらくなる場合もありますので、そんなにこだわることは無いと思います。土佐では審査の時同じような花があればこの点が出来ているか見られますが、蘭の魅力はそれだけで良くなるわけではないです。
土佐寒ではさらに花の正面が新芽の葉の間に来、新芽は鉢の前面(足が付いていれば足が出ている方)にあることが理想とされています。
メンテ
Re: 3〜4花の花配り。 ( No.2 )
日時: 2011/10/15 19:22
名前: satoru62  <saikedan@po.saganet.ne.jp>

花茎のねじれの補正の質問悪かったですね。支柱立ては念入りにしてます。順次毛糸で縛っていきますが、花系はすこしねじれます。この補正ができたら花配りが、スムーズに出来そうだからです。
たとえば5花素直に伸びれば1花と頂花は同じ向きだと思います。ところが伸びる間にねじれるので花配りでなく、このねじれの補正が出来たら無理なく花配りが出そうですから・・・・・すみません。
メンテ
Re: 3〜4花の花配り。 ( No.3 )
日時: 2011/10/15 20:11
名前: woods

すみません
私は花間ができ蕾が傾き始めた頃支柱を外し、そのときに手で少し補正をするのですが、花茎のねじれまでは気にしたことがないです。というよりねじれているのに気が付きません。

蕾が花茎の片側に偏って付いていたら花の向きが一緒になるので一方向でなくいくつかは逆方向に向けるなどのアレンジはすることはありますが、だいたいは傾く方向を一方向にするだけで片づいています。

もしかしたら縛り方がきつくないですか?
柔らかく伸びているところは軽く抑えているだけで、硬くかたまってからややきつく縛ります。
メンテ
Re: 3〜4花の花配り。 ( No.4 )
日時: 2011/10/15 20:46
名前: satoru62  <saikedan@po.saganet.ne.jp>

結びが少しきついのかもしれませんね。有難うございました。
メンテ

Page: [1]