このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。
トップページ > 記事閲覧
白絹病の治療方法&用土の再利用
日時: 2012/03/15 18:01
名前: take

白絹病に感染された寒蘭が2鉢見つかりました。
ネットで白絹病の治療方法を探すと「ない」とか「バリダシン」が出てきましたが実際はどうなんでしょうか?それと、植え込み用土は一度使うと廃棄するのでしょうか?再利用は出来ないのでしょうか?「熱湯消毒」するとか「ケミクロンGへの浸漬」とかで使えないでしょうか?ご指導くださいよろしくお願いします。
メンテ
Page: [1]

Re: 白絹病の治療方法&用土の再利用 ( No.1 )
日時: 2012/03/15 22:06
名前: woods

発病したものを治療するのは難しいと思いますが、モンカットフロアブル40の1,000倍液散布の株元灌注が使用可能です。バリダシンもこの菌に対しては防除効果があります。
ただこの手の病気の基本は予防です。発病株は隔離するか焼却処分し他の健全な作物に移らないようにするです。感染は菌糸や菌核(菌糸がかたまったもので菜種の大きさくらいになる)で、菌核は土壌中で5〜6年は生存するようです。

病気の発生が認められた用土の再利用は私は怖くてしたことがないですが、ケミクロンGへの10分程度の浸漬で滅菌できると思います。熱湯消毒での滅菌はうまくいかない場合が多いです。
メンテ
Re: 白絹病の治療方法&用土の再利用 ( No.2 )
日時: 2012/03/16 16:04
名前: take

woodsさん回答ありがとうございます。
治療の道があるのであれば一度トライしてみます。
用土の再利用は病気の発生したものでなく健全な株のものですよ。でも・・・再利用はおすすめではないですよね
メンテ
Re: 白絹病の治療方法&用土の再利用 ( No.3 )
日時: 2012/03/17 10:09
名前: woods

古い用土の消毒はケミクロンG1000倍液への浸漬でほぼ完璧に出来ると思いますが、使用後の土は化学的にも物理的にも変化している場合があり、生育に悪影響が出る可能性があります。
酸性化や肥料分の残りが心配であることや、微量要素欠乏を出さないためにも新しい土を使用することをお勧めします。
メンテ
Re: 白絹病の治療方法&用土の再利用 ( No.4 )
日時: 2012/03/17 21:57
名前: take

そうですね。大切な蘭、不安なことは避けるべきですね。肝に銘じます。ありがとうございました。
メンテ

Page: [1]